会長の思考?

何つーかマジョリティは無視。 どっちかっつーとツッコミ道場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魔法?

ここのコメント欄でお馴染みの
「踊るチンピラ」ことNOBIに何か言わせてみようと
この度「NOBIの小部屋?」なるものを設置してみた。
っても要は単なるBBSなんで
このヤクザが基本的には何か書くってだけで
ネタのある人は是非に投稿して欲しい。
まぁ、俺が楽してウチが賑わっちゃうならいいなぁ
なんていう姑息な目論見もあるんだが。

俺は常に本題の俺のブログだけじゃなく
来てくれる人らが他にも楽しめるよう
多種多様なアトラクションも試行錯誤して
日々ブログのカスタマイズに邁進している。
さぁ、誰か頭を撫でなさい。
でも携帯からでは見れないのも多くて
例えばブログペットってのがあって
画面上でデジタルペットを飼うっていう趣向のものである。
(これはソルのとこのペット)
20070401174151.jpg

何か猫?みたいなヤツが分かるだろうか?
コイツがこの枠の中でウロウロ暮らすのである。
これを俺も付けてみようかな?とか思ったんだが
如何せん俺はペットを飼った事がないし
まぁ、実際に生きてるんじゃないから
餌や世話の心配はしなくていいわけだけど
大体、それ以前にこの俺がこんな可愛いものを・・・
俺自身もう既に「可愛い」って事から
2千億光年くらい離れてしまった人間だから
キャラとしてさすがにこれには手が出ないでいる。

んで突然話は変わるが


皆さんは魔法を信じるだろうか?


うん。いやいや、大丈夫。
ちょ、待て
肛門に体温計を差し込むな。
熱はない。

魔法って言ったら仰々しいっつーか
メグたらララベルみたいにやたらと乙女チックだけど
要は幽霊とか宇宙人とか物の怪の類とか
物理的にも科学的にも証明出来ない
大槻教授がブチ切れーの発狂しーの
捲し立てーの唾飛ばしーので否定するようなものの存在を
あなたがたは信じますかぁ?って事なの。

俺は自分が見てない事は信じられないし
自分に起こってない事は積極的に言及する方じゃない。
今迄にそういうものはTVとか雑誌とか人の話で
見たり聞いたりはしたものの
実際に体験したか、っていうとそれは皆無で
想像で「こわっ!」とは思っても
その実、頭の奥底は冷静で全く信じてはいない。
例えば日本人形の髪が気が付いたら伸びている
夜中になったらポスターから人が出て来る
夜道で振り向いたら地蔵の位置が変ってる
実はお祖父ちゃんが地蔵だった
実はお母さんが大仏だった
と思ったらパンチパーマなだけだった
などの怪奇現象の事で
でも、こういったものも全て
欧米特有の陽気さ、大袈裟と一緒にミキサーにかけると
現在公開中の「ナイトミュージアム」みたいな
一大スペクタルにハリウッドではなってしまう。
だから逆に言うとディズニーやジブリの世界も
幻覚的な怪奇現象、不思議体験の一種と言えるだろう。
せめて、そういう藤子不二雄の言うとこの
SF(少し不思議)チックな事にでも
いつか出くわさないだろうか?とか思って
机の引き出しを無駄に開け閉めしたり
バベルの塔から怪鳥が迎えに来るのを待ってたり
そんな夢見がちな日々を過ごしてるわけではないが
午前2時頃には起きてたり外を出歩く事が多いのに
俺の周りには不思議な事が
一向に起きない。
とんと出くわさない。





正確に言うと なかった になる。
そう、今までは、だ。

何故なら昨日、時間的に言うと今日

俺は見たのだ
怪奇現象を!
俺はしたのだ
不思議体験を!

俺は昨日の午前2時
ついに不思議の国のアリスになったのだ!



いや、違うってば
袖捲くるなってば
これは健康診断の時の採血の跡だってば
冷たいもんとかキメてないってば。

詳しく説明するとこうである。
昨日の夜中、さっき言ってたBBSを設置してて
その後リンクの人らのとこを巡回したら
ふと見るとブログペットが居ないのだ!
20070401182659.jpg

これは磨知のとこなんだが
檻っつーか小屋の中に何も居ない。
あれ?って辺りを見渡すと


な・・ななな、何と!
20070401183059.jpg

出てる!!
オンモに出てやがる!!
散歩こいてやがる!!

しかものうのうと画面反対側まで。

ちょっと手を使わず鼻水がかめる程ビックリはしたが
すぐに冷静になり、何かのPCの不具合だろうと思い直し
他にペット飼ってるペコのぺージにも飛んでみた。


す・・すすすすす、するめ!!

いや、すると
20070401184130.jpg

こっちも出てる!!
しかもデカっ!!
成長してやがる!!

カプセル怪獣かと。


このようにブログペットは
人が寝静まった夜中に徘徊し
あまつさえ巨大化する事が判明した。
それだけならまだしも、そのうち野生化したペット達は
腹が減ってはブログの文字等を食い荒らすわ
リンクで勝手に他所に飛んでってフンしまくるわ
挙句、発情期には他のペットを捜し回って
お互いが出会ったその場でやりまくる為
元々ペットを飼ってないとこでも増殖しまくる始末。

そしてX-DAY・・・その日は突然やってきた。

ある日何の気なしPCを立ち上げネットに繋ぐと
どのサイトに飛んでも巨大な米印。
何だ?どうしたんだ?壊れたのか?と焦っても
どこも壊れてないし正常に繋がってるのだ。
何故ならそれは
最早増えすぎて動く場所がなくなり
成長しすぎて画面に収まりきらなくなったペットの
ケツの穴だからだ。


お・・おおおおお、おそ・・・
オーソーレミーヨ♪

いや、おそろしい・・・
正に「あな恐ろしや」である。

故に今からでも飼い主が責任持って
ペットには首輪を付ける事を薦める。


いや、何泣いてんだよ
これ?ホウキだよ
乗らねぇよ
何だよ、ミンキーステッキって?
あ、どこ電話してんだよ
何で救急車がいるんだよ
おい、待てっての
どこ行くんだ?
まだ話終わってないっての

ねぇ、ちょっ




これエイプリルフールってオチじゃ駄目だろうか?

さぁ、バーンとやっちゃって押したら画面が米印になる

  1. 2007/04/01(日) 16:08:35|
  2. 考察
  3. | コメント:32

爆睡?

春眠暁を覚えず
とはよく言ったもんで
暖かくなったら眠たくなるのが人の常
でも三寒四温とはっきり判れてくれてればいいが
この季節はどっちつかずな傾向。
何か急に寒くなったり暖かかったり
非常に過ごし難い。

猫も春なら発情期になって
本来なら変な声で街を闊歩してるはずで
この暖かさなら、と本能の指令のまま
ビンゴの相手に飛び付きカクカクしたはいいが
「・・・ん?さぶっ!あれ?勇み足だった?時期早々?」
と思わずピストンブレイクしてしまう程急に寒くなったり。
ラブホに入った付き合いたてのカップルが
矢も盾もなく堪らずお風呂で始めちゃったはいいが
一戦終えてベッドに入る頃には湯冷めして
次の日インフル
病院行ってタミフル
みたいな。

ていう事で珍しく
今日はソッチ方面の話でもしようかな?と。
まぁ、俺も三十路ぶっ超えた立派な男なんで
いや、立派か?と聞かれたら
いや、一般使用するには困らない程度・・・
としか答えられない訳だが。

いや、そうじゃあなく
たまにはエログってみようかと。
むしろ保健体育ってみようかと。

先のカップルの例みたいな
夜の営みに於ける失敗談
女性の方はどうなんだろ?
どういうの「やっちゃった・・」って思うんだろ?
パンツとブラが今日はバラバラだったとか
パンツと思ってたら今日はアテントだったとか
ブラと思ってたら今日は養成ギブスだったとか
ベッド上の舞踏会真っ最中に下痢に見舞われたとか
んでトイレに行って帰ってきたら拭き忘れだったとか
逆にティッシュかす付けっぱだったとか
先月の生理からのタンポン残りっぱだったとか
前の彼氏からのコンドーム入りっぱだったとか
だろうか。

飲み過ぎて吐いちゃってムード台無しとか
疲れててセレブレーション後に即行で爆睡とかの無粋は
男女共通にある失敗談なんだろうが
むしろそれ以前の
ベッドの上の武闘会真っ只中に爆睡とか
更にそれ以前の
ゴング鳴って間もなくの爆睡とか
平気でやっちゃう無礼者が俺の周りにはゴマンと居る。

友達の話をすると
酒を飲んだらガチりたくなるのが人の常
そいつと女はその晩飲んだ後
盛り上がってホテルに行ったが
女は程良くエロモードになるくらいだったが
男は明らかに飲み過ぎだったらしく
闘いの火蓋が切って落とされたら、まぁ、まず色々するじゃない?
んで何つーか、手でこう・・・
女の「うぃーす!声が小さーいっ」を上や下にと弄ってたら
そりゃもう腱鞘炎になる勢いで弄り倒してたら
段々その反復運動により催眠術の如く睡魔に襲われ
途中で欠伸するわ船は漕ぐわで志半ばでギブ。
女は「いや、火照ったアタシの体を、おい、てめ・・・」
ってのを惚れた弱みか噛み殺し
どうせ寝るならホテルじゃ勿体無いからと
自分が男をわざわざ送って帰ったらしい。
送ってもらってる途中
まだ酔ってて自分の失態にも気付いてない男は
「ちょ、ちょ、停めて。アレ買ってくれ」
と今にも寝そうだったのに飯は食いたいのか
ほか弁の前で垂れ幕の新製品をこの上更におねだりしてたらしい。

女曰く
「アタシよりほか弁喰うの?
アタシは380円以下かと!」


発狂寸前に激怒してそれから連絡もないらしい。

無礼だよね。うん。

え?うん。
かく言う俺にも似たような事があって
俺の場合は飲んでなかったが残業続きで
疲れてたらガチりたくなるのが男の常
デートも程々に俺の部屋へ
二人のワルツを紡ぎだしたら、まぁ、色々やるじゃない?
んで何つーか、口でこう・・・
女の「駄目だこりゃ!」を上や下にと捲ってたら
そりゃもう顎関節症になる勢いで捲りまくってたら
そのまま力尽きて股間のいかりやを枕に
突っ伏したままスヤスヤ爆睡してたらしい。

女曰く
「あれか?アタシの股からは
クロロホルムが出てんのかと!」


「あー、今日も1日よく働いたなぁ~」
と何も終えてないのに夢の中で何かを勝手に充実して
「トムとジェリー」のトムみたいにムニャムニャと満足気に
幸せ絶頂で寝こけてる俺の顔を放り飛ばし
土佐犬の形相、闘牛の勢いで帰ってったらしい。

無礼だよね。うん。

一応、後日、女の留守電メッセージに
無駄だとは諦めつつも
「ごめん。股間がファーファっつーかミルキーっつーか
ママの味っぽくて安心してその」
とか意味分からん最後の抵抗はしてみた。

乳首と思ってクリック押したら大きくなる

  1. 2007/03/27(火) 22:29:54|
  2. 考察
  3. | コメント:30

自動販売機?

今日は自動販売機の話。

自動販売機とは街中に設置されてる硬貨や紙幣を入れるといや最近では携帯電話やプリペイド等でも販売機中商品を任意選択して硬乳あ間違えた購入出来あーもう面倒臭ぇからやめ。

いや、自動販売機の説明がしたい訳ではない。
返金の話だ。

どういう基準で設定されてるのか分からないが
特に飲料系に多いのだが
販売機によって返金の法則が違う。


ある販売機では120円入れて何にしようか悩んでると
「あー、長ぇよ、もう。はい、ブーー!」
と言わんばかりに勝手に金が返ってきやがる。
そんな急ぎか?
誰か指名入ってんのか?
お客さん、延長ですか?
ってか。

ある販売機では500円入れて飲み物1本買ったら
「はい、もう買ったね?はいはい。帰った帰った!」
と言わんばかりに勝手に釣りが落ちてきやがる。
あと3本は買えるだろ?
まさか1人1本限りか?
スーパーの本日特売品か?
と。

ある販売機では100円と10円間違って210円入れてしまい
飲み物1本買ったら残金90円のくせに
「んふー、どうでしょう?まだまだいけるかもよー?」
と言わんばかりにいつまで経っても落ちてこねぇ。
他に買えるもんあんのか?
何か裏技でもあんのか?
手ヲカザスト・・・増エマス。
ってセロか?
と。

ある販売機では1000円を折ろうが伸ばそうが
「あ”ぁ?何?わかんね?知らん知らん!」
と言わんばかりにどうやっても入らねぇ。返ってきやがる。
あれか?お前馬鹿ってか?
頑固親父か?門前払いか?
お前に娘はやらん!帰れ!
ってか。


機械の何が嫌って
臨機応変がないとこ。
変幻自在がないとこ。
ケースバイケースがないとこ。
郷に入れば郷に従えがないとこ。
長い物には巻かれろがないとこ。
住めば都がないとこ。


人間の何が嫌って
女心と秋の空か知らんが
「気まぐれヴィーナスだぞうふっ
とか意味分からん事をイケしゃあしゃあと垂れ流しなとこ。


いや、餡子椿は恋の花じゃあない。

さぁ、気が済むまで押せ

  1. 2007/03/16(金) 18:51:56|
  2. 考察
  3. | コメント:23

焼鳥?

さて、今回は「横断?」で少し触れた
アル中ラーメン屋について。


ガラガラッと暖簾を潜ったら
そこは小じんまりとした古びたラーメン屋。
入ってくと調理場に焼鳥が置いてたので新メニューと思った。
ここは結構遅くまでやっていて
飲んだ帰りに寄る人が常連だからだ。
俺達は割りと遠くから車でなんで
飲んだ後にではないが
5~6年前には同じ時間帯に繁々と通ってて
でも俺が体を悪くしてからは殆ど行かなくなった。
それでもマッツンは無類の豚骨ラーメン好きで
切願に応えたいので今でも偶に一緒に足を向ける。

ところで、人は人と毎日接してれば
その日々の変化は微妙で中々気付かないが
久しぶりに会うと随分違って見える。
過去との印象の差だけ時間が経過してると言い換えてもいい。
これは何もそこのオッサンが
暫く会わない内に2mまで成長してたって話じゃあない。
前々から賑ってくると注文を間違える節があったのだが
それが最近行ってみたら、物凄いのだ。
顔の割りにはもう結構年だし
大体、酒飲みなのでそろそろボケてきたか?って心配して
次に行った時はオッサンが混乱しない様に
結構そこら辺を配慮して注文した。
幸い客は俺達だけ。

オッサン「何にします?」
松「にんにくチャーシュー麺大盛、あ、ねぎ多目ね」
(これは「にんにくチャーシューねぎ大盛」って言ってしまうと「大盛」が「ねぎ」にだけ掛かってると思われるのを防ぐ為、わざと後付けで言うという高等配慮なのだ)
オッサン「にんにく・・チャーシュー大盛・・・ねぎ多目・・と。そっちのお兄さんは?」
森「あ、にんにくラーメン」
オッサン「にんにくラーメン・・っと」

俺達は安心して待った。









出てきたのは
マッツンのにはにんにくが入っておらず
俺のは勝手に大盛になってやがる。

オッサン「あ、え?違う?あぁ、ゴメンゴメン(笑)」
森松「いえいえいえ~!
ぴくぴく(米噛みの音)」



ふるふる(震える音)・・・



うおりゃぁぁ!唱えて!
オーダー復唱して!

いや、復唱してたわ。



わなわな(戦慄く音)・・・



んじゃ書いて!
書き留めて!ね?

いや、書いてたんだわ。これが。



ぱきっ(箸を折る音)!



その紙には何描いてたんだ?!
あれか?ドラえもんか?
長電話でよく描いてしまう
よく見たらちょっと怖い
リアルなドラえもんか?!

(こんなん)
dara.jpg




あ、てめ、反省も(ズルズル)そこそこにもうテレビ(ズルズルズル)観ながら酒飲んでやがる。つーか(ゴクッ)てめ、営業中に(ズルッ)おい。よく見りゃベロベロじゃ(ゴクゴク)ねぇか。ちょ(ズルズルズパーッ)てめ、その焼鳥お前のツマミだったのプハー=3



悔しいが美味いのだ。
ラーメン作る腕だけは一流。
でも一般生活に支障をきたす程
言語能力系統がぶっ壊れた
言わば「アル中ラーメン製造機」

そのうち丼に麺だけで出て来そうで怖い。

さぁ、気が済むまで押せ

  1. 2007/03/15(木) 16:52:08|
  2. 考察
  3. | コメント:24

横断?

連想ゲーム?の続き・・・


飯も食って、げたんはも買って
で、今日は何しようかね?って。
暇潰しにウロウロするんだったら
行けるとこまで行ってみようかね?って。
ニトロを積んだワンルームにガソリンを叩き込み
時、深夜0:00
コインを弾いて、俺達は南下した。
ルールは1つ
陽が昇るまでに帰る。

俺達はひたすら話した。
時に推考し
時に激昂し
時に爆笑し
沈殿した闇の真ん中を
ジェットを積んだワンルームで
モーゼの十戒のように駆け抜けて
闇を掬い上げながら
闇を拡散させながら
ババアが着ぐるみの食堂に目もくれず
ジジイがアル中のラーメン屋を後にして
「初詣?」の時の天満宮を通り過ぎ
時、既に2:00過ぎ
結構


あっ


という間に
俺の実家があるとこまで来た。

俺は広島在住と言っても
広島の一番西端に住んでて
マッツンは山口県の東端に住んでる。
だからいつも、主に遊んでるのは山口という事だ。
で、俺の実家は山口県の結構西側にある。
社会人になるまでそこに住んでた。
中々、実家の方に帰る事がないので
見慣れたはずの街並みを見ても
然程懐かしいとは感じなかった。
それは学生時代より社会に出てからの方が
自身の変化が激しく濃厚な時間だったのだろう。
俺の心には故郷という土地は存在せず
唯、今ある人々が故郷なんだな、と
改めて生まれた土地を眺めて
案外に年齢を重ねてた俺が
そう思った。

森「さて・・・どこで引き返そうかね?」
松「もう2時過ぎか・・・森川さん、こっから下関(南端)までどのくらい?」
森「うーん、3~40分かね?」
松「ギリギリか・・・でもついでに丸々横断行っときますか?!」
森「行っとくかぁ?!」

って事で、自分等自体は一歩も走っちゃいないのに
まるでランナーズハイになったような
日曜の真夜中に似つかわしくないテンションで
俺達は本州最南端を目指した。

行きで3時間掛かると当然帰りも同じだけ掛かる。
タイムリミットは後僅か
焦燥感が達成感を煽り
達成感を夢見て疲労感を騙し
疲労感の後ろから焦燥感が覗く
その三つ巴というか三竦みというか
3サイクルの三角関係が余計にテンションを上げ
うねる海岸道路を駆け抜ける俺達は
ルパンと次元。Foolish Gambler。
さぁ、もう関門大橋が見えてきた。
その向こうは九州だ。

森「うほーー!来ちゃったねぇ!」
松「うほーー!橋ライトアップしててキレイだわぁ!あー、デジカメ持ってくりゃよかったー!」
森「そうだねぇ、あー、やっぱ下関まで来たら夜中でも灯りが多いねぇ!」
松「考えたら一晩で山口横断しちゃったねぇ!」
森「オーイエー!」
松「結構早く着いてまだ3時なってねぇよ!」
森「オーイエー!カモッ!フッ!」
松「ついでに九州行っちゃいますかぁ!橋渡って九州に行きたいかー!」
森「いや、それはやり過ぎだわ
松「・・・・・いや、そこよ?橋1㎞よ?」
森「いやいや。それは調子乗り過ぎだっての!
松「えー?何で?!
森松「・・・・・うははははは!

何が面白いんだか。

で、結局、下関駅のロータリーで車を止め、降りてした事が

連れ立っション(並んで立ち小便)のみ。

パルパルッとお互いのルパンと次元を振って
仕舞い込んだら即行でUターン。
水泳のタッチの如く
マラソンの折り返しの如く
捨て去った過去の如く
只今ふった女の如く
何の未練もなく
振り向きもせず
下関を後にした。

何も買ってねぇわ
何も観てねぇわ
写真も撮ってねぇ。

でも大丈夫。
このくだらない夜が
全て俺の年輪になる。
この写真にもならない面白さが
全て俺の故郷になる。
俺の脳裏にまた1つ思い出が刻まれ
俺はまた年を重ねてく。

従って
「え?大人しく寝ろよ」
って意見は却下させてもらう。

(最後に分かりにくい人の為に山口「俺」マップを添付)
20070314163851.jpg


あ?
そういや今日って
ホワイトデーなの?


知らねぇよ。

さぁ、気が済むまで押せ

  1. 2007/03/14(水) 16:30:14|
  2. 考察
  3. | コメント:35

連想ゲーム?

いつものようにマッツンと
夜中、暇だから飯食いに行った後
いつものスーパーに寄った。

この始まりでお分かりか?

アレである。

ウチとソルティ(今更いいか)のトコと
両方見てくれてる人にはお馴染みの
「売れ残っちゃった?そりゃ売れねぇわなシリーズ」第4弾。

入ってすぐのそのコーナーにあったんだが
今回はパンに非ず。

これ
getanha.jpg

鹿児島名産の黒糖菓子だそうだ。

今回はその在り方がデタラメとかじゃあない。
見た目普通の昔ながらの素朴な菓子だ。
まぁ、地味だから売れ残ったんだろう。
俺が思ったのは
何つーか・・・
ねぇ、パッケージの名前見える?
ちょっと読んでみて?
うん。
何つーか・・・
発音し辛くね?

「げたんは」

ちょ・・・何で「ん」の後に「は」なの?

これは下駄の歯の形に由来した名前で
多分、その方言なんだろうから
ネーミングセンス云々の問題じゃあないんだけど
じゃあ「げたんば」じゃ駄目か、と。
駄目なのか、と。

それなら発音し易くね?
それが
わざわざ御丁寧に
「げたんは」
事もあろうか
「げたんは」
よりにもよって
「ゲタンハ」

デンデンデデッデッデッデデン♪「ゲタンハッ!」
ドンドコドンドン♪「ンハッ!」




どこの部族か、と。
鹿児島は秘境か、と。
「ゲタンハ族と出会ってぇ、一緒に歓迎の踊りをぉ・・・・・踊ったぁ」
ウルルンか、と。


しかし、これ
シリーズで連想ゲームやったら
全く何の事か分からない。

さぁ、気が済むまで押せ

  1. 2007/03/12(月) 14:17:04|
  2. 考察
  3. | コメント:25

擬態?

擬態とは所謂カモフラージュの事。

生物が攻撃的にも隠蔽的にも
ある条件を満たそうと
環境や他の生物に馴染むような外見を獲得する事。

攻撃して捕食する側は
逃げられる危険を少なくする為
周囲の環境に良く似た色や模様を身に纏い
隠蔽して身を護る側もそれと同じで
更には毒を有した種や
天敵の更なる敵に似せた容姿に成り済ますものも居る。

それはお互い生きていく為の必死の策で
危険を回避する為の能力で
恐らくはそれがベターチョイスの結果なのだろう。
彼らも騙し騙しなのだ。

それにしても彼らは
どれ程の歳月を経て今の形態になっていったのか?
それは途方もない時間を進化に使った事だろう。
進化ではなく淘汰ではないか?という見方もあるだろう。
つまり、予めその幸運な紛れ易い形態だった為
特に危機意識もなくその種が生き残ったという考えだ。
擬態とは違うが、確かにコアラ等は
偶然にも天敵が居ない環境に育ち
その結果が今に至る訳だが
やはりそれは稀有な例だろう。
環境に因って生物の形態が決まるのは明白で
そのコアラにしたって危機が少ない環境だった為に
攻撃能力、防御能力が極端に弱い生物になってしまったのだから。
だから、やはり基本的には厳しい野生を生き残る為に
姿を変え、能力を備え、機能美を追求した結果
成りたいの是非を問わず否応無しに環境に対応した形になった
と見るのが妥当だろう。
これには種としての本来の意味での意志の強さが必要だと思われる。
覚悟と言い換えても良い。
例えば綺麗に、粗その通りに
葉の葉脈から色彩まで擬態してる昆虫が居る。
20070309164254.jpg

恐らく蝶の一種だろうが、名前までは調べてない。
これは彼らの視覚が正確にそう捉えていて
それを長年に亘り複製した結果なのだろうか?
例えば、カメレオン等は背景が変る度に忙しく自身を対応させているが
それをスムーズに行える視覚と変換の能力が備わっているのだろうか?
多分、答えは弱小で下等だからこそ
他の能力を後回して抑えても
そこだけは異常に発達してきたのだろう。
それだけで実は充分なのだが
だが、もし、彼らが視覚的なもの以外の部分で擬態してきたなら
それは物凄い意志の力だろう。
種族保存の本能、この危機を絶対に凌ぐという執念
そういう神の試練を乗り越えようという意志全体で
その環境に感覚全てを駆使して順応してきた。
人間の弱い心が急遽崩壊を防ぐ為
仕方なく生命力に因って別人格を作り出すように。
些か非科学的と思えるこの信憑性のない発想を
俺は強ち否定出来ないのではないか?と
いや、寧ろそういうものだ、と思いたい、今。



(20歳の東京。)



俺にもそうした強固な意志があれば
変われるのだろうか?
変われば今の苦悶した状況から離脱出来るのだろうか?



(初めての仕事。本当の独り。)



それは逃避なのだろうか?
ちょっとした苦労や危機が訪れると
俺は逃げてしまうのだろうか?
それとも戦うべきだろうか?



(通勤電車。朝の満員ラッシュ。)



「俺よ!今すぐ電車の壁になれ!
擬態だ、擬態!
若しくはこの周りと同じになってくれ!」




(いつの間にか周りが全て女子高生になってしまって身体は触れるわイイ匂いはするわではち切れんばかりに股間を硬直させてしまい今にも痴漢と叫ばれそうで色んな所をビクビクさせながら必死に今迄書き綴ったような小難しい事を考えては股間の吉宗を「殿、電中でござる!」となだめて抑えようとしてるあの日の、俺。)



テクマクマヤコン。
誰かコンパクトくれ。

さぁ、気が済むまで押せ

  1. 2007/03/09(金) 17:38:42|
  2. 考察
  3. | コメント:32

上り?下り?

マッツンと夜中
飯を食いに山手に向かっていた途中
雨とも雪ともつかないのがチラチラ降り出した。

松「あら?さっきから白いの落ちてない?まさか雪?」
森「あー、それっぽいねぇ。あ、そういや富山の方じゃ昨日雪らしかったよ?」
松「マジで?3月よ?それって下ってるからかね?」
森「(?)え?上ってるからじゃないの?」
松「(??)え?下ってるからでしょ?下るって言わんっすか?(この人、まさか分からんとか?)」
森「(??)いや、言うってか、上ってるでしょ?実際に、これ(これって俺の目の錯覚?)」
森松「(???)・・・え?何が?

どうやら、マッツンは寒冷の南下を指してたのに
俺は道が山に登ってる事を言ってたらしい。

普段俺達は、話し始めた辺りの言葉で
今迄の話の展開から、その話がどういう方向に行き
最後どうなるかまで大体解ってしまう。
それが怖い話なら、話し始めにラストを先読みして
既に鳥肌を立ててるくらい。
普段俺達は、双子でもないのに
同じタイミングで、同じ口調で、同じ言葉を
話し始める事が多い。
「ちょっと、ちょっとちょっと」みたいに。

そんな10年ケンカもなしに一緒に居る二人でも
言葉が足りないと誤解は生じる。
先の話も
「(雲が)下ってるからかね?」
「(道が)上ってるからでしょ?」
と一語付け加えれば間違いはなかった。
これは笑い話だからいいが
これがカップルになると
男女の理解度の差も感覚の差も大きいし
何より色恋は一度すれ違うと疑心が深まり
修正が利き難くなる。
コミュニケーションブレイクダウンとは
殆どが勝手な安心感からくる言葉不足から誤解が生じ
それをやっぱり見せかけの安心感から放置しておいて
すれ違いの日々から埋まらない溝が出来た結果である。
しかし、何から何まで全てに説明付けたり
言葉や内容の程度を下げて話すのは難儀だし、結局は無理だ。
これには双方の理解度、知識度を上げる努力が望まれる。
例えば辞書で「とんぼ」と引いて
その説明文で実際トンボを知らない人にちゃんと伝わるか?
と言えばやはり難しいと思う。
つまり「とんぼ」を知ってたら済む問題。
それくらい言葉を解体していくって事は
元々その言葉が持つ意味性を薄める事になってしまう。
大体、会話が滞って非常に面倒だ。
だから大切なのは
相手への思いやりと自身のスキルの
個人個人のバランスなのだ。

つまり、優しさとは
気持ちだけじゃなく
それが出来るか?解るか?のスキル的要素も
多分に内包しているのである。

漠然と「優しい人になりたい」
「大事なのは心」
などと言う人に限って
いざという時
何も出来ない。

さぁ、気が済むまで押せ

  1. 2007/03/08(木) 19:06:21|
  2. 考察
  3. | コメント:16

九官鳥?

今日は音痴の話。

俺は、まぁ、音がとれるんで
その辺の苦労はよく分からないんだが
申し訳なく、真面目に分析すれば
原因として基本的に2種類あると思う。

喉が悪いか耳が悪いか、である。

喉が悪い人ってのは、つまり
出す音は分かってても喉が着いて行かない
それ以上のキーが出ず、そっから上は全部一定っていう
出る音域の狭い人の事。

耳が悪い人ってのは、つまり
聞こえてる音楽が元々ズレてるので
自分の出す声も当然音がズレてるっていう
変換器の状態がおかしい人の事。

しかし、これらの人は機能的な問題で仕方がないし
音痴だと責められたり馬鹿にされたりする云われもない。
ただ、先ほど「基本的に2種類」と言ったのは
この前、ドライブしてた時

バンドのボーカルを募集してたら
ある友達が「俺は上手いから」と自信満々で名乗り出たけど
悦に入って歌った練習の録音テープを聞かせた結果
自分の音痴さに初めてガックリしてた

っていう例をマッツンから聞いたからである。

これはどういう事だろう?
確かにテープに撮った自分の声を聞いたら
自分の想像と違って違和感を覚える事は多い。
しかし、それは声の質の話で音程とは関係ない。
質にしたって大枠は大体想像の範疇だろう。
では彼のは、先に挙げた2つの機能的ケースかといえば
どちらも明らかに違うだろう。
俺は考えた挙句、1つの仮説に辿り着いて
それが実は、世の音痴と呼ばれる人の大多数の原因である事に気付いた。

その原因とは
「何よりも先ず自分に酔っている」
って事だ。

人間は何でも努力する際
冷静に世間や常識や他人を観察して、自分と比較する事が必要である。
それが自己満足として自分の中だけで完結してしまうと
どれだけの水準か、どれだけ成長したのかが分からないのである。
そして、それを世間に公表する際も同様で
周りの反応や世間水準が分からないと
いつまでも井の中から抜け出せない蛙なのである。
簡単に言うとSEXとオナニーの違いである。

要するに、先の彼は
自分の声を聞くよりも、キーを確認するよりも
周りのリアクションを見るよりも、その場の空気を読むよりも
先ず猛烈に自分に酔っていたのである。
自分の歌はイケてる!と
何の疑いもなく、何の経験値もなく、何の判断基準もなく
脳が真っ先にそう思い込んだのである。

結果、こういう勘違いを回避するには
やはり大事なのは
客観視だ。

と言っても今回のテーマは音なので少々違う。
この場合、敢えて言うなら
客観聴だ。







いや、違う。
kota20what.jpg

ではない。


耳悪いの?


ははぁ
さては音痴だな。

さぁ、気が済むまで押せ

  1. 2007/03/07(水) 22:10:05|
  2. 考察
  3. | コメント:22

わや?

親友マッツンの買出しに付き合って深夜のスーパーに行った時
妙な物を見た。

最初、俺はそれが何か分からなかった。
いや、本当は陳列してる棚、包装のビニール、値段設定
それらの境界条件から、何であるかは判別出来た。
ただ、咄嗟にその答えを脳が拒否したのだ。
つまり、判ったが解りたくなかった。


だって、そ、そんな馬鹿な・・・

こ、これがパンだなんてっ。

20060513_181603.jpg

皆も知ってはいるだろうか
昔から腹ペコな貧乏学生達にお馴染みの
あのロシアパン。
言わば、その親。
その変身後。
つーか空母。
これから普通のパンが次々発進、みたいな。

しかしこれ、軽くウミガメくらいはありやがる。
浦島太郎が乗れちゃう。
軽く赤ちゃんくらいはありやがる。
抱いて「おー、ヨシヨシ」とか言っちゃう。

人間は未知なる物、自分の尺で測れない事に直面すると
往々にして、先ずは認めずに否定してしまうもんである。
丸い地球然り、万有引力然りである。
従って、凡庸な俺にはやはりこれがパンとは容認出来ない。
では何だこれは?と考える。
無駄なのだが逃避的に考える。
違うぞぉ、違うぞぉ、何だろう!
パンじゃなくて何だろう!
よく考えてみよう何だろう!



結論。
これはパン以前に物でもない。
現象である。
状態である。

つまり、俺は
このパンの様な顔をして
しれっと鎮座してる混沌を
大ロシア=莫大にデタラメな有様
こう定義付けた。

因みにこっちの方言で
見るも無残な滅茶苦茶な状態の事を
「わや」と言う。
(例:顔がわや)
表現として使うと、これと同じだ。

応用例1:殺人現場の新米刑事の弁
「うわっ、山さん。仏さん、わやじゃないっすかっ。
大ロシアじゃないっすかっ

応用例2:残業中の会社員の弁
「ひでぇな、今からこれを今日中に?
無理だよぉ、わや言うなよぉ。
ほら、俺もう大ロシアになってんじゃん?

応用例3:男に騙されたOLの弁
「もう・・どうしてくれるのよ!貴方のせいよ!
これで私の人生わやじゃないの!
これじゃ私、まるで大ロシアみたいじゃないの!





うん。
冷静に見たら基本的に間違ってる。
「頭痛が痛い」ってのと同だ。

大体、何の事だか解らない。

それに「大」の読みが
「おお」なのか「だい」なのかも
判らない。

俺の言ってる事がわや。

さぁ、気が済むまで押せ

  1. 2007/03/06(火) 14:40:49|
  2. 考察
  3. | コメント:22
前のページ 次のページ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

会長の一言?

会長とは?

萬屋錦之介、若しくは芦屋雁之助

Author:会長
O型。
広島県在住。
ロック好き。
超独り者。
ガチでオヤジ臭。

まず行っとく?

リンクすっか?してみっか?な?

NOBIの小部屋?

俺の!俺の話を・・・聞く?

会長の小部屋?

会長の思考?(MIXI版)

ああ言えばこう言う?

何の話だっけ?

いつの話だっけ?

ルパン?

押したらタイトル

どれで読む?

何か観る?

捜す?

文通か?な?な?

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。